今年度の「公認会計士の日」広報活動の中止について

2020年5月28日

日本公認会計士協会東北会
会員 各位

日本公認会計士協会東北会
会長 石沢 裕一

 


 日頃より、会務の運営について格別のご理解・ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

  標記について、昨今の新型コロナウィルスの影響を鑑み、過日、協会本部及び各地域会の広報担当者で構成される「全国広報推進協議会」の会議が開催されました。その検討結果(下記)を踏まえ、東北会役員会において協議した結果、例年7月6日「公認会計士の日」に実施しておりました東北6県地方紙7誌への新聞広告を、今年度は中止することに決定しましたので、ご報告申し上げます。

  氏名掲載を予定なされていました会員皆様にはご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

  1. 全国広報推進協議会での検討結果
    (1)今年度の「公認会計士の日」の広報活動は本部として行わない
    (2)地域会での「公認会計士の日」広報活動に係る本部補助は行わない
    (3)テーマを「公認会計士の日」のPRからポストコロナの状況に適したものに変更したうえで適切な時期に発信する
    (4)「公認会計士の日」広報に対する地域会への本部補助については、新たに実施予定の広告活動への補助とする(地域会への協力要請が前提)
  2. 東北会の対応
    (1)今年度の「公認会計士の日」新聞広告は中止
    (2)今後の対応として、上記1.(3)に即した広報活動を行う
  3. 以上

ページトップへ