会務報告

東北会会長  石沢 裕一


 6月の定期総会で東北会会長に就任し、4ヶ月となりました。臨時総会の冒頭のご挨拶に申し上げましたように、私にとっては大変長く感じられた期間でした。最初の会務報告として6月から9月まで振り返りながら報告します。


 6月27日(木)12時から13時まで、在仙する新聞、TVの編集長クラスが参加する懇談会「三金会」に招かれ、公認会計士制度に関する講演をしました。「三金会」と称するように本来は第三金曜日に定例で開催するそうです。昨年9月に河北新報に掲載された不適切な経理処理を行った社会福祉法人の監事に公認会計士が就任しているという誤報に対し、尾形前会長、齋藤前副会長と抗議を申し入れした際に、「公認会計士制度」を紹介する機会を設けてほしいと要望し、応えて頂いて実現しました。公認会計士と税理士の資格の相違や「公認会計士制度」を知る一助になったと思います。これからも機会あるごとに説明していかなければと思います。


 7月20日(土)14時からの第1回東北会役員会を開催しました。冒頭に会長挨拶をした後、故髙橋實先生の告別式に参列し弔辞を読んで参りました。阿部相談役と黒沢相談役の奥様もご参列されており、髙橋實先生、阿部先生、黒沢先生は、若い頃共に勤務された事務所の3羽カラスと呼ばれておられたそうです。


 7月22日(月)10時から帝国ホテルでの理事会に出席し、午後からの定期総会、懇親会に出席しました。定期総会では例年のように会務運営や会長選挙に関する質問に相当時間を要し、質問の打ち切りを促されていました。ライブ配信もされていますので、是非一度ご覧頂ければと思います。懇親会には関係省庁や国会議員も多数ご参列され、公認会計士制度の発展を図る上で重要な行事であることを認識しました。阿部相談役にもご参加頂きました。会員の皆様も参加可能ですので、非ご参加ください。


 翌23日(火)はエクスカーションとして用意された歌舞伎の観劇会に2年続けて参加しました。日本古来の伝統芸能に感激して歌舞伎の俄かファンになりました。新歌舞伎座になって個人の予約は困難な状況であり、団体予約も断っている状況の中、長年の御贔屓である日本公認会計士協会は50席の団体予約ができるそうです。このような機会を利用し観劇されることをお勧めします。


 7月27日(土)には札幌で開催された前関根執行部の役員懇親会に出席しました。札幌国際カントリークラブ島松コース(ニトリレディース開催)において開催されたゴルフコンペでは、同伴者とハンデに恵まれ優勝できました。


 7月31日(水)13時からの東北大学オープンキャンパス経済学部主催「公認会計士制度説明会」において10分程度の挨拶を行いました。大学院進学への動機づけが開催趣旨ですが、公認会計士制度の発展のためには後進の育成が欠かせないことから今後も協力して実施しなければならないと思っています。


 8月1日(木)15時から17時まで協会本部にて第1回地域会長会議が開催されました。前執行部における課題の引継ぎや本部事務局と地域会事務局の一体的運営について説明と質疑応答がありました。18時からは手塚会長、副会長を交えた懇親会が開催されました。地域会毎に特色ある運営がなされていることを聞けた懇親会でした。


 8月2日(金)10時から17時まで理事会が開催されました。理事会の最後に新役員に対し、協会の組織と規約に関するレクチャーがありました。「報告書」、「実務指針」、「通達」は、会員の業務に関して規範性があるものとして遵守しなければならないカテゴリーにあるという認識を再確認しました。


 9月6日と7日は青森浅虫温泉において会長として初の臨時総会を開催しました。協会本部から手塚会長及び加藤副会長にご出席を頂き、役員会にもご陪席を頂きました。手塚会長は7日に神戸にて開催される日本会計研究学会に出席されるにも関わらず多忙のなかご出席いただきました。青森山田高校サッカー部黒田剛監督のご講演は大変楽しく参考になる内容でした。手塚会長も翌週の協会本部理事会において東北会の臨時総会のことに言及され、黒田監督の講演は補修生に聞かせたい内容であったと絶賛されていました。青森県会の吉田会長始め会員の皆様に大変お世話をお掛けしました。感謝申し上げます。


 9月11日(水)13時から17時まで神奈川県会事務局において、2018年度の地域会活動評価が行われました。地域会活動評価は4グループに分かれて地域会活動を報告し、評価しあう形式で開催されました。東北会は、北陸会、神奈川県会、南九州会と一緒の第2グループに分けられ、定期総会の議案書に記載された事業計画と事業報告を照らし合わせ自己評価し、他の地域会から自己評価に対する第1次評価を受けました。東北会に対し他の地域会から、公職の推薦に関する規程や委員会が必要ではないかという意見がありました。今後各県会のご意見をお聞きして検討したいと思います。その後に設けられた懇親会でも他の地域会の事業内容についてより深く知ることができ、東北会の活動に参考となる有意義な評価会でした。


 9月18日(水)の千葉研究大会に先立つ17日(火)の13時からの理事会に出席し、前夜懇親会に出席しました。18日の研究大会終了後の懇親会に、東北会の会員の先生方と一緒に参加しました。


 会長に就任する前は、これほどまでに多忙であるとは想像しておりませんでした。歴代の会長にはあらためて敬意を表します。

ページトップへ