公会計委員会外部向け研修会開催実施のご報告(令和元年8月19日)

公会計委員会幹事 髙橋 和典


  令和元年8月19日(火)、山形県米沢市議会会議室において「公営企業会計決算の読み方と活用」のテーマで市議会議員向け研修会を開催しました。

  この研修は、市議会議員に公営企業決算(病院、水道)の読み方に関する研修会ニーズがあり、米沢市議会事務局と日本公認会計士協会東北会との共催で企画・実施されたもので米沢市議会議員20名以上の参加となりました。

  講師は日本公認会計士協会東北会公会計委員会委員長の井口立和先生が行い、実際の決算書等の資料を用いながら公営企業の決算書類の読み方のポイントの解説、経営比較分析表を使用し質問事例に基づき経営課題の識別等の説明がありました。

  最後に適切な役割分担によるガバナンスで議会の監視機能を発揮することが期待されていることが説明されました。

  参加された議員の皆様から、今後の委員会等の議論にあたり研修内容が勉強になり有用であったとのお言葉をいただきました。

  研修の中では、公会計分野における公認会計士の活動領域についても説明があり、公認会計士業界の社会に対する貢献や果たすべき役割の理解に一役買うことができたものと思います。

ページトップへ