東北会会長就任のご挨拶

日本公認会計士協会東北会 会長 石沢 裕一

東北会会長就任のご挨拶

 この度、2019年6月19日の日本公認会計士協会東北会定期総会において会長に就任いたしました。関係各位の皆様には、公認会計士業務にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。微力ながら会務に務めて参りますので、なお一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

 公認会計士制度は、戦後の証券市場の改革に合わせて、上場企業の監査を行う専門家としてスタートし、その後、商法特例法に株式会社の監査が義務付けられたことをはじめ、様々な事業体が法令によって監査を義務付けられました。公認会計士への要請は証券市場だけでなく社会全般に拡大され、2017年には社会福祉法人、医療法人等に対する公認会計士監査が始まりました。

 公認会計士は、大会社等を対象とした監査業務を主たる業務としていることから、一般に馴染みのない職業です。しかし、東北会の会員の過半数は、個人事務所として監査業務の他、監査経験を生かした経営全般にわたる相談・助言を行うコンサルタント業務や税理士業務、中小企業の支援業務を行っております。

 東北会として、地域経経済を支える中小企業を支援する会員のための事業に取り組む所存です。

 東北会の多数の会員が、地方公共団体の監査委員や各種委員などの公職に就任しています。東北会では委員等の推薦を行い、会員の地域社会への貢献を支援しております。

 また、東北会では、小・中学生向けの会計講座「ハロー!会計」や大学及び高校での「公認会計士制度説明会」を実施し、認知度を高めると共に公認会計士を目指す人材の発掘事業を行っております。是非ご活用頂ければと思います。

 3年間の任期中会務に務めて参りますので、関係各位のご支援とご協力を賜りますよう、また会員及び東北会の積極的な活用をお願い申し上げます。

第54事業年度事業計画

Ⅰ 基本方針

 私たちは、監査・会計のプロフェッショナルとして公認会計士の使命と職責を自覚し、東北地域への貢献に全力を尽くすことを継続して誓い、日本公認会計士協会本部と連携を図りながら、以下の項目を基本方針として、社会の負託に応えます。

  1. 地域社会への貢献
    地域社会に対する責任を認識し、その負託に応えるため、地域経済の健全な発展に寄与し、地域社会に積極的に貢献します。
  2. 協会本部との連携強化と会員の支援
    日本公認会計士協会の基本方針及び施策を注視し、必要に応じ連携して的確な施策を行うとともに、会員の業務支援に積極的に取組みます。
    また、公認会計士制度改革等の制度的枠組みの変革への対応について協会本部との連携を図ります。
  3. 自己研鑽への支援
    専門家としての資質の向上を図るため、自己研鑽に対し積極的に支援します。
  4. 広報活動の推進
    公認会計士業務並びに当会の活動に対する社会からの適切な理解をうるためと優秀な人材を確保するために積極的な広報活動を行います。
  5. 会員相互の理解と親睦
    会員一体となるべく、各県(部)会との連絡調整を図り、会員相互の理解を深めるため当会の諸活動への参加を促しながら親睦を図ります。

Ⅱ 当事業年度の重点施策

  1. 公認会計士の業務を通じた地域経済・コミュニティを支援する施策
  2. 継続的専門研修制度における会員へ支援、及び公認会計士業務にとどまらず会計専門家としての人材育成と公認会計士の魅力向上のための施策
  3. 公共の利益に貢献する公認会計士への理解促進と優秀な人材を確保することに向けての施策
  4. 会員の相互理解、連携意識の強化の向上を図る施策
  5. 部会(県会)活動の更なる充実化に向けた施策

Ⅲ 実施細目

  1. 地域社会への復興支援と社会貢献並びに信頼確保
    • (1)社会福祉法人及び医療法人に対する円滑な監査制度導入を支援するとともに、監査の品質の維持・向上及び監査の有効性に対する理解の促進に努める。
    • (2)医療法人・農業協同組合に対する監査の品質の維持、中小企業支援等の業務の充実に努める。
    • (3)社会のニーズに応えて公認会計士としての特色を発揮して行う、税務、中小企業支援等の業務の充実に努める。
    • (4)士業間で構成される復興支援ネットワークに引続き参加し、他士業と連携することにより復興支援体制の維持に貢献する。
    • (5)包括外部監査人他各種公職委員等への会員就任を図り会員の業務をとおして地域社会への貢献を図る。
    • (6)学校法人監査連絡協議会をとおして私立学校監査の品質管理の一層の向上に努める。
    • (7)被災地域経済の復興支援を図るため施策を実施する。
  2. 継続的専門研修制度及び人材の育成と公認会計士の魅力向上
    • (1)継続的専門研修制度
    •  ①本部主催の全国研修会の地域会会場における適切な運営に努める。
    •  ②地域会主催研修会を積極的に開催する。
    •  ③地域会主催研修会のテーマの多様化を図る。
    •  ④会員のCPE単位高履修率の維持と向上のための施策
    • ・本部主催の全国研修会及び地域会主催研修会の県(部)会での開催に努める。
    • ・CPE推進センターと連携し取得単位不足会員への支援を行う(単位取得の通知、履修免除方法の助言等)。
    • ・地域会主催研修会への参加促進策の一環として研修参加料(資料代を含む)の無料化を継続する。
    • ・第40回日本公認会計士協会研究大会千葉大会への参加を積極的に支援する。
    • (2)社外役員、組織内会計士等である会員を把握し、その知見を発揮する公認会計士の資質の維持・向上に努める。
    • (3)多様な役割で活躍できる会計人材の確保、女性公認会計士としての活躍支援等を通じた公認会計士の魅力向上に努める。
  3. 広報活動
    • (1)協会広報についての取組み
    •  ①協会広報委員会と連携し積極的に対応する。
    •  ②「公認会計士の日」の広報を行う。
    •  ③「ハロー!会計」の継続的実施に取組む。
    •  ④年賀の新聞広告を実施する。
    •  ⑤マスコミ関係者等への情報発信を増やし、公認会計士の認知度アップに努める。
    • (2)会員の相互の理解、連携意識の強化、向上を図る施策
    •  ①東北CPAニュースの発行を継続し、魅力ある紙面作りと記事の充実を図る。東北CPAニュースは東北会ウェブサイトにも掲載する。
    •  ②東北会ウェブサイトの充実化を図る。
    • (3)公認会計士制度に対する理解を地域社会から得ることと優秀な人材を確保することに向けた施策
    •  ①大学、高校への制度説明会を実施する。
    •  ②福島大学への寄附講座を継続設置する。
  4. 後進育成
    • (1)実務補習所仙台支所の適切な運営を図る。
    • (2)準会員会東北分会の活動に適切な支援、助言を行う。
    • (3)準会員会東北分会との意見交換会を促進する。
  5. 他団体等ほかステークホルダーとの対話等の充実
    • (1)東北財務局との交流を図るため、表敬訪問、定期総会への来会、東北C.P.A.ニュースへの局長挨拶記事掲載を行う。
    • (2)仙台国税局との交流を図るため、表敬訪問、国税局職員を講師とした研修会実施、東北C.P.A.ニュースへの局長挨拶記事掲載を行う。
    • (3)仙台国税局不服審判所との交流を図るため、表敬訪問、不服審判所職員を講師とした研修会実施を行う。
    • (4)東北経済産業局との交流図るため、表敬訪問、定期総会後の懇親会への来会を依頼する。
    • (5)地方公共団体首長との交流を図るため、表敬訪問、定期総会後の懇親会への来会を依頼する。
    • (6)仙台弁護士会、東北税理士会主催の懇親会等への参加等積極的な交流に努める。
    • (7)仙台市・仙台商工会議所共催の賀詞交歓会に参加する。
  6. 会員相互の理解と親睦及び本部等との連絡
    • (1)定期総会、並びに総会後の懇親会等の開催、また、2019年9月6日~7日に青森県浅虫温泉で臨時総会を開催し、会員間の相互理解を促進するとともに協会役員との直接的な意見交換を行う。
    • (2)協会理事会等の協会情報については、役員会で適宜定員及び県会長に伝達するほか、東北CPAニュースへ掲載することにより、会員へ適時適切に伝達する。
    • (3)会員の意見は役員会および各委員会で集約し適時適切に協会へ進達する。
    • (4)活動領域の拡大を視野に、他の地域会会員との相互理解を深める。
    • (5)県(部)会活動の更なる充実化に向けて、部会活動支援を行う。
ページトップへ