2020年8月28日

日本公認会計士協会東北会
会員・準会員 各位

日本公認会計士協会東北会
会長 石沢 裕一


仙台市からの「起業家・中小企業の成長支援に対するご協力のお願い」に関する補足説明


 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 先般 標記の件につきまして、会員・準会員各位に対応のご協力として紹介会員リストへの掲載をお願いしました。御同意いただきました会員の皆様には感謝申し上げます。

 本来であれば、研修会等の様々な場で都度その趣旨とご対応をお願いする所存ではありましたが、新型コロナウイルスへの対応として集合研修等が制限されておりますので、HPにて補足させていただき、ご協力をお願いする次第です。

  仙台市からの協力要請ではありますが、当該要請は仙台市単独ではなく、東北財務局及び東北経済産業局との総意によるものです。

  この3機関は、東北地域における株式公開会社の増加に取り組んでいるところですが、その協議の中で、株式公開支援における財務に関する内部統制制度の指導助言を行う人材が不足していることが課題に挙げられており、その解決に向けた人材紹介の協力について当会に対しての要請となったものです。

  株式公開の志はあるけれど公開基準に至らない中小企業にとって、常勤の組織内会計士を雇用することや監査法人等に上場準備のコンサルティング業務を委嘱することは多大な負担がかかります。そこに至るまでの道のりを先導する人材を求めています。

  要請文では、「CFO等」と総称されておりますが、常勤の組織内会計士のみを想定している訳ではなく、顧問契約やアドバイザリー契約等の様々な契約形態が想定されます。

  会員紹介リストへの掲載については、当会として単に紹介を行うものであり、マッチングによる会員と企業とは委嘱される業務内容による個別契約となりますので、会員・準会員の自主性を拘束するものではありません。当会としては、公的機関を介したマッチングの支援要請に対し、中小企業支援施策として応える意義があると考えます。この度の協力要請に関して、積極的にご対応頂きますようお願い申し上げます。

以上

  尚、お申し出期限につきまして、9月11日(金)まで延長とさせていただきましたので、別紙にて、東北会事務局あてにメールまたはFAXにてお申し出いただきますようお願い致します。

  参考:仙台市からの「起業家・中小企業の成長支援に対するご協力のお願い」

別 紙

  お申し出期間:2020(令和2)年9月11日

  お申し出先:東北会事務局  mail:tohoku@sec.jicpa.or.jp

                FAX:022(222)9916

  ・CFO(最高財務責任者)の要請があった場合に対応することができます。

  ・CFO(最高財務責任者)の紹介会員リストに掲載することに同意します。

2020(令和2)年    月    日

  氏名                 (登録番号         )

  生年月日

  連絡先

   住所:

   電話:

   mail:

  その他(略歴・得意分野 等) (記載内容は、原則としてそのままリストに掲載します)