小ヘッダ1

 東北CPAニュース

平成30年宮城県会ゴルフコンペのご報告

宮城県会 須藤 康英

 平成30年10月14日(日)、宮城県会ゴルフコンペが仙台クラシックゴルフ倶楽部にて開催されました。当日はとても寒かったものの、ご参加いただいた皆様のおかげで一日を通じて天気に恵まれ、良いゴルフ日和となりました。

 仙台クラシックゴルフ倶楽部は以前女子プロが開催された格式高いコースで、初めて訪れた私には難しいコースでした。特にバンカーが多く、グリーン周りでのプレイには細心の注意が必要です。

 前回実施した県会ゴルフコンペでは、GPS機能付きタブレット端末を備えた電動カートでラウンド中にリーダーズボードを表示させることにより、自分がどの順位にいるのか瞬時に分かるようになっておりましたが、今回は最後の結果発表まで順位がわからず、私も自分の順位への期待に胸を膨らませておりました。

 コンペはダブル・ぺリア方式で競われ、結果はOUT45・IN45のグロス90、ネット73.2の石沢裕一先生が優勝されました。準優勝はOUT40・IN44のグロス84、ネット74.4の小池伸城先生、第三位はOUT50・IN49のグロス99、ネット75.0の斎藤慶則先生でした。さらに小池先生はベストグロス賞を獲得されました。先生方、おめでとうございます!

 今コンペで二度目の出場となった私は今回こそは好成績を残そうと、昼夜ゴルフに関する研究を重ね、当日も持木会員とラウンド2時間前には会場入りする等の姿勢で臨んだものの、ブービーメーカー賞を獲得してしまいました。同組の先生方にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちとともに、一緒に回っていただきまして、誠にありがとうございました!

 今回は総勢22名6組でベテランの先生から若手の先生まで幅広くご参加いただき、盛会に終わることができました。ゴルフを愛する宮城県会の皆様も奮ってご参加ください!来年もグリーンでお待ちしております。

 
≪ 前へ このページのTopへ 次へ ≫