小ヘッダ1

 東北CPAニュース

懇親会 山形の夜は舞子が踊る

広報及び業務充実委員会委員長 古川 直磨
 

 知らなかった訳ではありませんが、うーん、何とも斬新。流石、の一言に尽きます、髙橋・シュミンチュズンチャカ・一夫先生(勝手にミドルネームを付けさせていただきました。すみません。)。

 山形県会の皆様、本当に楽しい懇親会をご準備いただきまして、ありがとうございました。美味い料理に美味い酒。上山市は山形では珍しく酒造がない街とのことでしたが、その一方でワインがあるぞ!とのことで、今回はワイン「も」たくさんいただきました。酒ってなんでうまいんだろう。本当は寝るまで飲んでいたかったんですが、翌日はゴルフ、ということで、尾形東北会会長の力強い宇宙戦艦ヤマトと関根会長のキュートなUFOのノリで、ただただ酒を飲みたかったところではありますが、2次会終了後、泣く泣く布団へゴー。

 おっと、いかんいかん。寝たら話が終わっちゃう。

 今回の懇親会は何と言ってもシュミンチュズンチャカ プレゼンツのステージが目玉でした。ズンチャカバンドの単独ステージ、やまがた舞子の単独ステージ、そして、共演。

 私自身、最近になって宴席に舞子さんがいらっしゃるという経験をする機会をいただきましたが、伝統芸能というのはいいものですね。テレビドラマなんかで見ていたイメージとは別物でした。

 伝統芸能と言われるものは、どんどんと存在感を失いつつあります。存在感ばかりか、現実になくなりつつあります。どうしてなんでしょうね。一言でいうと、需要がなくなったから、となるんでしょうが、掘り下げて考えるとどこに行きつくのか・・・。西洋から入ってきた文化が新鮮で恰好よく見えた。逆に見慣れたものがダサく感じられた。完成されたものは、変化が乏しい。一方で未完成であれば、どんどん変化していく。変化し続けることができるから、いつも新鮮に感じる。しかも安価に楽しむことができる。だから、徐々に存在感を失くしていった。否、伝統芸能はそもそも完成されたと言えたのか。単に変化を拒んだだけじゃないのか。だからこそ、飽きられて需要を失くしたのではないか・・・。

 まずはズンチャカバンドの皆様の陽気な楽曲が始まりました。早速、シュミンチュ(趣味人)の片鱗が見え始め、熱気をステージから会場に提供。熱演、素晴らしかったの一言です。何より素晴らしかったのは、シュミンチュの蝶ネクタイ・・・、ではなく、マラカスを持ったコーラスの女性。お気づきの方も多かったかと思いますが、シュミンチュの奥様ですね。人によっては、「趣味の限りを尽くす旦那さんを支えるだなんて、奥さん、大変ねぇ。」なんて思うかもしれませんが、むしろ逆?辛さなんて微塵も感じさせず、一緒に楽しんでいらっしゃる。素晴らしい奥様です。理想です。

 ズンチャカバンドの第一幕が終わるとすぐに、第二幕のはじまりはじまり。このスタイル、一度楽しませていただいたことがありましたが、うーん素晴らしい。この臨時総会は、ある意味で、このズンチャカバンド第二幕がすべて、と言っていいかもしれない(山形県会の皆様、ごめんなさい。)。我々はイノベーションを上山の地で見てしまったのであります。かのシュンペーターは、「イノベーションとは、既に存在する2つ以上のモノの融合である。」と言っています。ユニークな宴会芸と言ってしまえば、それはそうなんですが、公認会計士である我々は物事を冷静に分析しなければなりません。ズンチャカバンド第二幕は、伝統芸能である舞子と西洋文化のバンド、まさに既に存在する2つのモノの融合でした(シュンペーター先生、上山の地でイノベーションの瞬間をこの目で見ました!伝統芸能の変化のきっかけ、ここにあり!)。写真だけでは伝えきれない楽しさと美しさ、新鮮さがありました。もしかして、今、このステージを楽しめるのは、シュミンチュの周りの方だけかしら。いくつかの地域で舞子の復活・維持に取り組んでいますが、このイノベーションを売りにしたら、やまがた舞子はトップクラスなこと間違いなし、です。日本舞踊ができることは大前提で、その上でバンドに合わせた踊りもできる。やまがた舞子は舞うだけじゃない!やまがた舞子は踊れます!お客さんが増えるだけでなく、「私も舞子さんになりたい!」と思う方がきっと増えるはず。好きなことの延長に誰かの笑顔があり、そして、地域の文化、ひいては地域経済に刺激を与えられる、本当に素晴らしいです。

 懇親会と言ったら、ワイワイ楽しく飲んで、懇親を深め、酔っぱらっておしまい、というのが普段ですが、今回の臨時総会では、イノベーションの瞬間を目の当たりにし、地域経済の復興にまで考えを巡らされた懇親会でした(研修単位は付くかしら。)。

 と、いつものように駄文の羅列となってしまいました。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。次回の青森も楽しみです。

   
≪ 前へ このページのTopへ 次へ ≫