小ヘッダ1

 東北CPAニュース

女性会計士ネットワーキングイベントin仙台(平成30年2月16日)

女性会計士委員会委員長 吉岡 順子

 平成30年2月16日(金)13時30分より、法華クラブ仙台において、関根近子様を講師にお迎えして、東北会初の女性会計士ネットワーキングイベントを開催いたしました。
 現在、日本公認会計士協会本部においては、関根会長の施策に基づき、女性会計士活躍促進協議会が発足し、女性会計士のキャリアアップ並びに復職支援やネットワーキング形成支援を目的とした活動が活発化しています。これを受けて、地域会における女性会計士の活躍促進を支援する活動を展開することを企図し、東北会においても、平成29年度から女性会計士委員会を立ち上げました。
 女性会計士委員会は、女性公認会計士の活躍を推進するともに、当該推進を通じて公認会計士の社会貢献をより一層推し進めることを目的として、東北会の女性会計士ネットワークを構築し、女性会計士の意見を吸い上げ、本部へ具申する他、必要に応じて、本部の女性会計士活躍促進協議会の支援を受け、女性をターゲットとしたスキルのブラッシュアップ研修やロールモデル紹介イベントを年各1回程度実施することを基本方針としています。
 そこで、初年度の活動として、まず、東北会に所属する女性会計士の交流を図る機会を設けるため、東北会独自事業として、ネットワーキングイベントを開催しました。
 イベントでは、一般企業において、結婚・出産、子育て・嫁姑問題、介護と仕事を両立させながら、役員まで昇格されたご経験をもつ、関根近子様を講師にお迎えし、基調講演として、「女性が働き続けるために必要なこと」をテーマに、ご自身の半生を振り返りながら、これから女性が働き続けるにあたり必要な心構えなどについて、ご講演いただいた後、参加者による意見交換を行いました。参加者皆さんから活発な発言・質問があり、予定時間をオーバーしてしまいましたが、交流を深めるよい機会を提供できたのではないかと自負しております。休憩時間には、綿貫一子副会長のお心遣いにより、お抹茶がふるまわれ、参加者一同、安らぎの一時を過ごしました。
 10名を超える女性会計士の皆さんにご参加いただき、和やかな雰囲気の中、関根講師の貴重な経験談をお伺いし、参加者それぞれの今後のキャリアアップにとって、大変参考になったのではないかと思います。当日は、業務ご多忙の中、東北会男性会員を代表して、齋藤慶則副会長にご陪席いただきました。御礼申し上げます。
 東北会女性会計士委員会では、今後も継続して、女性会計士向けのイベントや研修会を開催致しますので、多数の女性会員の皆さんのご参加をお待ちしております。

以上


≪ 前へ このページのTopへ 次へ ≫